FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抱っこひもの改良

トシ君が1歳の時に手作りした「たまごキャリー」、
エルゴの手作り版です。

トシ君はあまり使わなかったけれど、ヒロ君は毎日使い、
ななちゃんも首すわりから、毎日使っている抱っこひも。

腰ベルトのところに入っている芯材が、最近、
へたってきて、というか、私の体の形に変形してしまい、
不便を感じていました。

手作りってことは、芯材を入れ替えることもできるんじゃないかって思い、
もう一度、作り方の説明書を見直すことに。
そしたら、芯材の入れ替えが出来そう!!

問題は、芯材をどう手に入れるか?なんですが、
説明書によると、「硬めのスポンジ 厚さ1㎝」とのこと。

ホームセンターで買う予定が、その前にダイソーに用があったので、
ウロウロしていたら、こんなのを発見。

フロアマット

今回、こちらのフロアマットを利用して、芯材の入れ替えをしようと思います。
硬さも厚さもちょうど良い!

まずは改良前の写真。

たまごキャリー(手直し前)

わかりにくいですが、一番下の部分にスポンジが入っていて、
もう、クニャクニャになってます。
更に、向かって左側の縫い目の外側部分はしわしわですが、
ここにはスポンジが入っていません。最初に作ってる時に、
「何で右側だけスポンジ入れて、左は入れないんだろう?」と思っていた部分。

私が作り方説明書を読み間違えていて、
左側には入れないと勘違いして作っていたみたいで、
左にも本来、スポンジを入れるんだったらしい。
2年間以上も、不便を感じながら、使っていた…。

ここもついでに、スポンジを入れようと思います。

さあ、縫い目をほどいて、中央のスポンジを取り出してみました。


腰ベルトスポンジ(旧)

クルリンと変形しています。
しかも驚くべきは、スポンジの収縮。

腰ベルトスポンジ

正しい大きさの新しいもの(白)と比べてみると、
古いもの(黒)は、こんなに変形し、縮んでいました。
そりゃ、不便だよ。

サイドに入っていたスポンジも、こんな感じ。

腰ベルトスポンジ

くにゃくにゃ。
もちろん収縮もしています。

腰ベルトスポンジ

これを入れ直し、縫いとめて・・・完成。

たまごキャリー(改良後)

中央、右、左、とスポンジを入れ直したので、みっちりした感じ。
装着感は、もちろん、雲泥の差。
手直しって、大切ですね。

あと、写真にはありませんが、このフロアマットの残りを使って、
おんぶした時に、お腹の部分のベルトが食い込まないように、
お腹当て?も作りました。

これは、最初にたまごキャリーを作った時に、
説明書に載っていたのに、面倒で作っていなかったもの。
3人目産んだら、お腹に脂肪が付いて、それが食い込むので、
作ってみたら、すっごく快適になりました。

そのうち、お肉が取れるだろう、と、食い込みを我慢し続けるのは、
あまり良いことではありませんね。
(脂肪は取れないんだ、という諦めでもあります)
スポンサーサイト

ごあいさつ

はじめまして。ヒロくんと数日違いの息子と、ナナちゃんと2ヶ月違いの娘の母です。
布おむつ関連でブログにたどり着いてからかれこれ3年ひっそりと愛読し、孫を見守る婆さんの如く、お子さんたちの日常を楽しく拝見させていただいております。
抱っこひもまで手作りしてしまうなんて、凄すぎるとしか言いようがありません!
色々と工夫されていつも手作りされていて、お裁縫初心者なので、なるほどーとヒントをいただく日々です。これからも勉強させてください(о´∀`о)
今後も更新をたのしみにしております。

373様

嬉しいコメント、ありがとうございます!!
最近は、手作り品の報告が少なくて、ブログの筋がブレてるなーと思いながらも、
なんとかかんとか更新していたので、コメントのお言葉、
とっても嬉しいです。

赤ちゃんがいて、相変わらず更新が滞りがちですが、
これからも記事アップしていきますので、よろしくお願いします。
非公開コメント

プロフィール

のりのりクラブ

Author:のりのりクラブ
息子達のお昼寝中にせっせとお洋服やオムツカバーを縫ったり、最近はDIYなどにも手を出し、創作を重ねる日々。手芸は趣味なので、完全独学。せっかくなので、作った作品には主人の名前から取ったブランド名『のりのりクラブ』のタグを縫い付けています。
ブログの更新はお昼寝中なので、時々ながめていただけると幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。