スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洗濯物干し

セルフガソリンスタンドでのトシ君の疑問。

『トラクターは何色のガソリンを入れるの??』

私の使ってるスタンドは、レギュラーが赤、ハイオクが黄色、
軽油が緑色のノズルを使います。
それを見ていて、トシ君はトラクターはどれを使うのかと疑問に思ったようなのです。

さっそく、じいちゃんにメール。

実家のトラクターは、軽油(緑)でした。
コンバインも軽油(緑)、田植え機はガソリン(赤)。

それを伝えると・・・
『じゃあ、トラクターとコンバインは間違えても大丈夫だね。』とな。

何に興味を持つのかは、それぞれです。


さて、タイトルにした洗濯物干し。
こちらです。

洗濯物干し

何の洗濯物干しかと言うと、しまじろうの妹のはなちゃんの洗濯物干しです。

洗濯物

時々作らされていた、はなちゃんのお洋服。
気づいたら、かなりの枚数になっていて、
最近、そのお洋服を使って、洗濯物干しごっこが繰り広げられてました。

もちろん、ハンガーも無いし、箱でグルグルして、「洗濯機♪」なんて言って、
豆椅子にパラパラとひっかけて遊んでいた子供たちなので、
何か手伝えることはないか??と、ダイソーで道具を仕入れてきました。

洗濯物

ベースになっているのは、キッチンなどで使う折りたたみラック。
ハンガーは、針金で作りました。

洗濯物

ハンガーの先がとがってたりするけれど、まあ、大丈夫でしょう。

洗濯ばさみ

真ん中あたりには、小さな洗濯ばさみをひっかけてあげて、
帽子なんかも干せます。

帽子も干せる

全部、トシ君用、ヒロ君用で2個づつ作ったけれど、
全部で500円(税別)なり。

シルバニアファミリーの家も交えて、洗濯物干しまくりです。

台風が来るから―

そして、「もうすぐ大きな台風が来るから、全部、家の中にしまったの!!」
と、爆笑しながら教えてくれました。
弟には難しすぎる設定・・・。

ト、トシ君・・・顔が変形していますよ。

スポンサーサイト

すしおけ

問題です。
この包みは何でしょう??

風呂敷の中身は?

答えは・・・

おすし

お寿司でしたー。

約2年半前に作ったフェルトのお寿司。
ヒロ君が生まれたときに、トシ君に作ってあげたもの。
もちろん今でも時々遊んでいます。
昨日までは、作った当初に用意したこちらの箱に入ってたのですが↓

おすし

旦那様が、突然、寿司おけをもらって帰ってきました。

寿司おけ

とても立派な、きちんとした寿司おけ。

それもそのはず、元、寿司屋をやっていたという方にいただいたそうです。
というのは、旦那様は、市場でマグロの卸しをしている会社に勤めていて、
取引先の方(元寿司職人)に、寿司おけが余っていて仕方ないという話を
聞いていたのだとか。

それでおねだりしたら、1個でいいのに、3個もらったそうです。
(あと2個は倉庫にしまいました・・)

今まで箱に入れてたので、これを見たヒロ君は、
「ふた どこ?」を連呼。「ふた ほしーの」も連呼。
いろいろ考えた末、風呂敷で包みました。
ただし、本人が包みなおすことは不可能です。

・・・包みを開けることもできません。

お寿司を持って

カメラで撮影していたら、嬉しそうに奪って行って・・

お寿司を持って

お寿司を持って

隣の部屋にいるトシ君のところへ行ってしまいました。


今まで収納していた大漁模様の袋にも入らなくなったので、

寿司用バック

わかりにくいですが、中央上部の、マジックテープの部分を
延長しました。

寿司用バック

で、もう一度言いますが、
ヒロ君は(たぶんトシ君も)自分で包みを開けることが出来ません。
自分で包むこともできません・・・

このブログを書いていたら「おかあさん、これ、とって」と言って風呂敷をはずし、
大漁模様の袋に入れて去っていったヒロ君。
お寿司はギュウギュウだから、落っこちないし、大丈夫みたいです。
風呂敷、もう出番、無さそう。

ちなみに、寿司おけに、フェルト寿司が入っていてテンションが上がるのは、
もっぱら子供よりも大人達です。
なぜなら、子供たちは、寿司おけに入っている寿司を、見たことがないからです。

いつか、「お母さんとお父さんは、こんなものまで用意してくれてたのか」と
感動する日が来るでしょう。

稲刈り後半

9月9日から10日にかけて、東日本豪雨が発生しました。
まず最初に、我が家は幸い、何の被害もなかったことをご報告いたします。
被害にあわれた方には、心よりお見舞い申し上げます。

9日の夜は、今まで体験したことのないような雨音が響き、
「ゴオー、ゴオー」と屋根に降っているので、「すごいなー、人生最大だ」と
思いながら寝ていたら、更にもっとすごい音で
「グゴオー、グゴオー!!!」と降り出したりしていました。

雷も鳴り、サイレンも鳴りっぱなしで、もし、うちの裏が山だったら、
もし、うちの近くに川があったら、確かに、子供を連れて、
避難しようとしたと思います。

10日、鬼怒川堤防決壊後は、近くに航空自衛隊の基地があるので、
ヘリコプターが2機づつ、何度も飛んで行きました。
あきらかに、常総市方向に飛んで行っていたので、
テレビを見ながら、子供たちと、空のヘリコプターに
「がんばれ」と声援を送って過ごしました。

我が家は何事も無かったですが、市内では川沿いのお宅が
床上浸水になっていたり、田んぼの稲が水に浸かったりしていたようです。
自然の力の前では、私たちは本当に無力です。

さて、先週のブログでは、実家の稲刈り前半を報告していましたが、
13日(日)、後半の稲刈りを行いました。

豪雨後の田んぼ

実家の田んぼは、幸い、穂が水に浸かってしまうというような被害は無く、
少し倒れかけていますが、無事でした。
田んぼは、乾ききっておらず、ぬかるんでいますが、何とか稲刈り決行です。

とはいえ、車で20分の距離にある実家とのちょうど真ん中あたりには、
鬼怒川が流れています。
堤防決壊から3日たった13日でも、水は茶色く濁っていて、
河川敷には、灰色になった木や、木にひっかかったゴミが散乱していました。
水の脅威を感じました。

私たちが住むエリアに降った雨が、集まって、
常総市で悪さをしたわけですから、心が痛みます。

さて、のんきなようで申し訳ないですが、トシ君はぬかるんだ稲刈りでも、
コンバインに乗車しています。

稲刈り2回目

じいちゃんは、相変わらず立ちっぱなしですが、
その方が前方が見やすいのか、トシ君が乗ってない時も、
立ちっぱなしでした。

ヒロ君は見学

当然、ヒロ君は見学です。
実は、天気が微妙で、途中、パラパラと雨が。
それでもサラリーマン的スケジュールや、ライスセンターの定休日、
ライスセンターの混雑状況などを考えて、
昼食抜きで稲刈り強行です。

ということで、無事、2015年の稲刈りは終了です。

毎年、実家で稲刈りをした後は、まわりの田んぼも、
うちの近所の田んぼも、大抵、刈り終わっていたり、
稲刈り中だったりしますが、今年は天気が悪いということもあり、
まだまだ、終わっている田んぼの方が少ないようです。


話が変わりまして、少し時をさかのぼっての報告となりますが、
先週の土曜日5日に稲刈り1回目を行って、
翌日の日曜日6日は、実は、自転車レースを見に行ってました。

タイムトライアル

栃木県の渡良瀬遊水地で行われた、Jプロツアータイムトライアルです。
しかし、こちらの場所、遊水地というだけあり、豪雨時には、
立ち入りが出来ないほど、水の中になっていたようです。

才田君

例によって、レモネードベルマーレの才田選手を応援に行ってきました。
Jプロツアーで観戦に行ける範囲で開催される試合はあまり無いので、
途中から雨が降り出し、大変でしたが、行って良かったです。

しかし、場所が場所なので、
タイムトライアルも、1週間ずれていたら、開催できなかったでしょう。
本当に、いつ、何が起こるか分からないと、感じます。

そして、今日、阿蘇山が噴火しました。
地球は生きているのだなと実感します。

稲刈り2015

秋の目標  「稲刈りに参加する」

ということで、今日は実家の稲刈りです。

雨続きで、昨日も夕立が降ったりと、やれるか微妙でしたが、
この後、また天気が悪くなるというので、
稲の様子を見ると、やや早いようですが、稲刈り決行です。

稲刈り

この間届いた新しいコンバイン。
といっても中古だから新車じゃないですが、
今まで袋にお米をためていたものが、
タンクに貯まるようになったので、トシ君は興奮気味です。

上の写真、じいちゃんが1人で刈り取ってるように見えますが・・・

稲刈り

うしろにトシ君が乗ってます。
なので、ずっと立ちっぱなしの、じいちゃん。

お米作り

ヒロ君は、恒例の「お米作りTシャツ」を着ていますが、
まだまだ動くコンバインに乗るのは怖いらしく、
せんべいを食べながらの見学です。

お米排出

初めて見る排出♪

真剣

トシ君が変な顔で固まっていました。

コンバインのスピードも前のものより格段に良くなり、
お米袋をかつがないでよくなったので、
とてもラクだったようです。

田んぼー

残りの半分の田んぼは、ちょっとまだ早いということで来週に。

「もう、いつ稲刈りやっちゃってもいいよな。」
という、じいちゃんの言葉。

「もう、トシ君が今年の稲刈り参加したから、
あとは幼稚園行ってる平日にやっちゃってもいいよね。」という意味です。

・・・わざわざ、トシ君のために、ありがたや。

ピンクのパジャマ

まるで、梅雨だ。
あー、太陽エネルギーが足りないよー。

と騒いでいたら、昨日、午後から、ものすごく暑くなった。
やっぱり9月は晴れたら暑いよね・・・。

でも、毎日毎日雨で、むしろ寒いよ、という日々が続いていたので、
先週は、トシ君のパジャマを作ってました。

薄い長そでのパジャマ。

ピンクのパジャマ

右のトシ君のを作りました。(ヒロ君のは市販品)

気に入ってる、水色とピンクのぞうさんの生地。
この生地、とっても薄いのです。だから涼しい。
ずうーっと前に旦那様のを作って、余った生地で、
トシ君用にも90㎝サイズと100㎝サイズを作ったのですが、
すっごく薄いから、透けちゃう。
それで、自分のを作ろうと購入していたピンクの生地は使わずじまい。
ピンクは5mほど余ってます。

トシ君用だから、当然、水色のを使って作ろうとしたら、
生地が足りなくて、つぎはぎしても足りなくて、
「手のとこだけピンクでもいい??」と聞くと、
「全部ピンクでいいよ。」という思いがけない返答。

それで、先に作っちゃってたズボンが水色で、
上がピンクになりました。

ピンクのパジャマ

寝る時はズボンに上着を入れるし、
思ってたほど違和感が無いのが笑えます。
家族からも、誰からも何も言われず。

もしも3人目が女の子だったら着せられるから、
前身頃は女の子仕様で、右側が上に。

その件についても、誰も何も言わず。
普通に着てます。

で、今回、ボタンを付けようとしたら、いいのが無くて、
前にダイソーで購入していた「くるみボタンキット」というのを使って、
くるみボタンを作って、付けてみました。

くるみボタン

好きな生地を、決められたサイズの円形にカットして、
2つのパーツで挟んで作っていくのですが、
夏休み中なのに、雨続きで暇なトシ君ヒロ君と、
「ボタン作り体験教室」みたいになってしまいました。

くるみボタン

作ってみると、すっごく楽しい。面白い。
使う分以外で、いっぱい作りすぎて、
ヒロ君は、おはじきみたいにして遊んでます。

くるみボタン

パジャマのボタン部分はこんな感じになりました。
生地をトシ君が選んでくれて、そしたら素敵になりました。

ダイソーだし、手作りボタンだし、使い心地はどうなのよ?と思ったけど、
全く問題無し。トシ君も普通にボタン使ってるし、大丈夫です。



一応、アマゾンなんかでも、くるみボタンキット扱ってるけど、
結構高価ですね。
初めてなら、ダイソーで十分。
打具付きのものと、補充用っていう打具無しの物があるので、
初めての方は打具付きのを買いましょう。

ピンクのパジャマ

ということで、男児にピンクのパジャマもあり!です。
(本人が良いと言えばですが)

もし3人目が女の子だったら、ズボンもピンクで作り直しですね。

ラジコンヘリコプター

8月23日、私たちが住む町では、3つのイベントが開催されていました。
今まで行ったことがないけれど、暇だし、行ってみることにしました。

ところで、この3つのイベント、どれも同じ日に開催で、
3か所全部まわって、スタンプを集めると、何かもらえるという
スタンプラリー付きのイベントです。
しかし、どこも10時~15時までの開催、という何ともハードなものです。

移動距離が、車で5~10分のところにあるとはいえ、
お昼ご飯を食べる時間も考えると、本当に忙しい。
でも、頑張って3か所回って、お菓子をいっぱいもらってきました。

今回は、その中で一番面白かったイベントをご紹介。


「古山のかかしまつり」

トトロ

珍百景でも紹介された、光る鳥居のある神社が会場。
光る鳥居は期間限定なので、今は無いけれど、
実物大のトトロは、通年鎮座しているという不思議な神社。
しかし、ちゃんとした神社で、うちは氏子になってます。
(この写真は2013年のものなので、現在のトトロは
リニューアルされて、もっとかわいいです。)

実物大のトトロがいるくらいなので、
なんか、手作りのそういうものが好きな神社みたいで、
毎年、いろいろな人が作ったかかしを並べて、コンテストが開かれます。

そして、かかし祭りの一環として、今年、初めて開催されたのが、
「ラジコンヘリコプターでお菓子まき」というもの。

ラジコンヘリコプター

ちゃんと確認してないけれど、たぶん、空中散布用のヘリコプターだと思う。
ヘリの下のBOXから、お菓子をまいてくれるのです。
エンジンがかかると・・・おお!!大人達も興奮気味。

ヘリコプター

このブルーシートの上にお菓子がまかれるのですが、
当然、真下にいたら危険なので、子供たちは畑の片隅に集められてます。

ヘリコプター

気持ちを高めるかのように、ヘリコプターはぐるっとまわり・・・
ブルーシートの上まで来てパラリとお菓子を落とします。

お菓子拾い

ヘリコプターが帰ってから、お兄さんの掛け声で、
子供たちは一斉にお菓子に向かって走ります!!

右の方で青いキャップかぶってるのがトシ君。
ヒロ君の世話をしてくれてるので、歩くの遅いです。
1個も拾えないかな~と思ったけど、5個くらい蒲焼君を拾ってました。

ヒロ君は拾えなかったけど、お兄ちゃんが半分あげたみたいで、
嬉しそうにしてました。

楽しいイベントなので、係りのお兄さんが、
「いっぱい拾えたひと~??」
『はーい』
「1個も拾えなかったひと~??」
『はーい』
「じゃあ、いっぱい拾えた人は、拾えなかった人にあげましょう」

なんて、穏やかな雰囲気のイベントでした。
誰が考えたのか、大人達の方が興奮して、
ぜひぜひ来年もやってほしいイベントの1つとなりました。
プロフィール

のりのりクラブ

Author:のりのりクラブ
息子達のお昼寝中にせっせとお洋服やオムツカバーを縫ったり、最近はDIYなどにも手を出し、創作を重ねる日々。手芸は趣味なので、完全独学。せっかくなので、作った作品には主人の名前から取ったブランド名『のりのりクラブ』のタグを縫い付けています。
ブログの更新はお昼寝中なので、時々ながめていただけると幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。