スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憧れのロックミシン

なんと!!
まさかまさかのロックミシンが、我が家に導入されましたー!!!!

さっそく、通常ミシン同様、ロックミシンを常設すべく、
いつも後回しにしてきた掃除や、整理整頓をあっという間に済ませ、
ものすごい勢いでテーブルを購入し・・・
初公開、我が家のミシンコーナーです♪

ロックミシン

もはや、私のアトリエ。
ここまでくると、旦那様も文句一つ言わず、
せっせと買ってきたばかりのテーブルの梱包をはずし、
えっさほいさと2階まで運んでくれ、
しっかり設置してくれました。

で、付属のDVDをトシ君と一緒に堪能し(機械ものなので、基本的に好きらしい)
試しに、ロックミシンのカバーを作ってみました。

ロックミシンカバー

「いやー、適当でいいんだよ。」なんて笑いながら立体裁断で
家に余ってたキルティングの生地を切る私を見て、
「・・・本当に適当だね。」と旦那様。

いやー、ロックミシン、早いっす。
生地を切るところから入れても、3分で完成しました。
すげー、ロックミシン!!

もちろん、ニットソーイングを目的としていますが、とりあえず、慣れるまでは、
今まで普通に縫って、縫い代の始末にジグザグミシンかけて・・
ってやってたのが、ロックミシンで1度で済む、って感覚で使ってみます♪
スポンサーサイト

すずめの子

みなさん、NHK Eテレの「にほんごであそぼう」はご覧になってますでしょうか?

少し(というか半年くらい)前に「すすめのこー、そこのけそこのけお馬が通るー」
というのをよくやっていました。
かわいい子供たちが、すずめの衣装を着て、あっちこっち歩き回ってるのですが、
当時、トシ君が毎日のように「がーちゃん、これ作って」と言っていました。
(当時はおかあさんと言えず、がーちゃんと呼ばれていました)

あんまり毎日毎日言われるので、仕方なく、ダイソーで
70×70センチのフェルトを買ってきて作ったのですが・・・・・

なぜか「がーちゃん着てみて」と言われ、私が1度すずめになったきり、
一切着用してくれず、完全にお蔵入りとなってしまっていました。

それが、なぜー!!!!!
突然、「すずめの子、どこいった?」と言い出し。

すずめのこ

家の中にすずめ登場。
リビングを飛び回ってます。

すずめの子のうしろすがた

テレビの前にもすずめ登場。

ってか、もうちょっと手直ししたいんだけど、もうなんか面倒くさいし、
結局、着用したのは、この日だけだし、放置。

危うく日の目を見ないことになるところだった「すずめの子」
一応、ブログ掲載したことで、ひと段落だわ。

おでこなトシ君。

生まれつき、免疫が弱いのか、あっちこっちの子育てサロン通いが災いしてか、
ヒロ君は生後5か月にして、3度目の風邪です。
毎回熱は出ないんですけどね、鼻水ダラダラです。

で、病院大好きなトシ君も連れて、仲良く病院へ。
いつも私も一緒に風邪をひいちゃったりするので、
うちでは小児科ではなく、内科に行ってまして。

おじいちゃんおばあちゃんに愛される町の病院では、
当然、トシ君もヒロ君もアイドルです。

待合室でも、中待合室でも、診察室でも、
あっちこっちのおじ様おば様や看護師さんに声をかけられるトシ君。
かなりおりこうに順番を待っていて、あらゆる人に話しかけたりして、
帰る頃には、いつも皆様から「トシ君バイバイ」と声をかけられるしまつ。

そうこうして、診察も終わり、いざ隣の薬局。

・・・までの50メートルで派手に転んで、おでこをアスファルトに打ち付けたトシ君。

見ると、米粒1個くらいの深さというか、大きさ、の穴が空いていて、
血がダラダラダラ・・・ガーン。

とりあえず薬局へ。

薬剤師さんたちが、「大丈夫ですか???」と声をかけてくださり、
さっきまでいた病院へ電話をしてくださり、診察してもらえることに。

再び病院に戻ると、さっき「トシ君バイバイ」と言ってくれた方々が、
頭から血を流して戻ってきたトシ君を見て「どうしたのー」と口々に
聞かれまくり。トシ君、血、流れまくり。

処置室でも看護師さんたちが「大丈夫?」とびっくり。
先生もびっくり。

幸い、頭の中はなんともなく、傷を消毒してもらって、
絆創膏をペタリと貼ってもらって、
なくのをこらえながら、再び薬局へ。

で、また皆様に「大丈夫だったかい?」と声かけられまくり。

生え際の一番汗かくところだし、
体の中から、傷を治す液体がダラダラ出てくるし、
普通の絆創膏ではぜーんぜんダメなので、
キズパワーパットのお世話になりました。

頭の傷

とりあえず、家にあったパワーパットを。
でも翌日からは、スポット用というのを買ってきて、そっちを使いました。
結構いいですね。


・・・というのは、2週間ほど前の話でして、
今は、傷跡があるものの、普通に生活できるようになっています。

「ここって、痛いの?」と聞くと、
「触るとちょっと痛いよ。」と答えてくれました。そうなんだー。

コッシーのカメラバック

誕生日の記事で紹介した通り、プレゼントにデジカメをもらったトシ君。
カメラバックを作ってやるか、と生地を切っていたら、

「おかあちゃんのみたいに、コッシーのにしてね♡」

と言われ・・・頑張って作りました。

コッシーのカメラバック

ちょっとたれ眉毛。
私のコッシーカメラバックはこちら

うれしそうに入れてくれてます。

カメラ出し入れ

ところで、これを作ってる時、トシ君も縫い物をしたいと言い出して、
ためしに雑巾を作らせてみました。

ぬいぬい1

ぬいぬい2

一生懸命、縫ってます。
「できあがったら、おかあちゃんにプレゼントするんだ。」
というかっわいいお言葉。

ぜんぜん、出来上がらないで放置されてるけど、うれしかったよ。

お知らせ

ずっと前に作って、2歳頃まで愛用していた吸盤付スタイ
このたび、アイディア募集に応募したら、
なんと、ベルメゾンさんから採用の連絡が入り、商品化されました!!

エプロン新


こちらは2回目に作った吸盤の無いタイプ

ベルメゾン採用


こんなふうにベルメゾンのカタログ「mama & baby for baby 2013秋冬号」に
掲載されています。

購入はこちらから


吸盤付きお食事エプロン

ただね、1枚1290円って・・・私の趣旨とちょっと違うかな。
いろいろついてなくてもいいから、3枚で1000円くらいだったらいいのにね。
洗い替え入れて6枚とか必要だと思うのですが・・・

でも購入する方は、ぜひご利用ください。便利なのは間違いないですよ。

今さら夏用スリーパー

とても汗っかきのトシ君。
クーラー付けていても、いつも汗だくで寝ていて、
それなのに、寝付くときは「お布団かぶる」とか言って、布団をかぶり、
しかし暑くって、結局布団を蹴って何もかけずに、あっちこち移動しながら
めちゃくちゃな寝相な毎日。

当然、夏用のスリーパーを着せていたのですが、
市販のスリーパーって、首のあたりが暑そう。

スリーパー

で、作ったのがこのスリーパー。
かなり、今さら?って感じですが。

スリーパー胸

首までめいいっぱいタオル地な市販品とは違い、
首もとはヒモで涼しい仕様です。


ところで、トシ君、8月29日で3歳になりました。
おめでとう!!

誕生日

生まれて初めて、サーティーワンで
「アイスクリームケーキ」とやらを買ってみました。
見た目かなりケーキそのもの。
味もけっこうケーキに近いです。
アイスとはいえ、まわりは生クリームだし、
スポンジ部分もあるし。

食べてるときは、ゆっくり「おめでとう」とも言えず、
「溶けるから早く食べなさい」みたいなことになっちゃいましたが、
ホールで買うと食べきれない余ったケーキをそのまま冷凍して保存できるので、
そういう意味ではGOODかも。

プレゼントカメラ

最近、カメラにはまってるので、トシ君用のカメラをプレゼントしました。
おもちゃのと値段が変わらなかったので、Nikonの防塵防水カメラです。



子供が使用することを想定して作られてるので、
ちょっとやそっと落っことしても大丈夫だし、
両手でカメラを持ってもレンズが隠れないし、
電源ON状態で前に飛び出してくるレンズもがカバーかかっていて、
レンズを無理やり収納しちゃうこともないし、
タッチパネルじゃないので、変に設定変えちゃったりもしないし、
結構気に入ってます。

いろいろ写真を撮ってくれてるので、そのうち公開します♪
おたのしみに。
プロフィール

のりのりクラブ

Author:のりのりクラブ
息子達のお昼寝中にせっせとお洋服やオムツカバーを縫ったり、最近はDIYなどにも手を出し、創作を重ねる日々。手芸は趣味なので、完全独学。せっかくなので、作った作品には主人の名前から取ったブランド名『のりのりクラブ』のタグを縫い付けています。
ブログの更新はお昼寝中なので、時々ながめていただけると幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。