スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アップリケズボン3着目

最近、ズボンにアップリケ付けてばっかりです。
アップリケズボン3着目。

アップリケズボン3

今回はこちらの布を使用してみました。

アップリケズボンの布

前にたまごキャリーという抱っこ紐を作った時に使った布と
同じデザイナーさんのもののようです。

調べてみるとネットでも買えます。⇒プチデポーム

シャベル持って走る

シャベル持って走る2

あいかわらず良く動くので、なかなか写真撮れません。
元気なのは嬉しいことですね。良い季節だし。

さて、最近のトシ君、いたずら盛り。

まちばりいじり

手をのばして、机の上にあったマチ針を取っちゃった。
手に刺して痛がることも無く、大人しく遊んでるトシ君。
むりやり取り返そうとすると、よけい危険なので、じっと見守る私。

いと持っておでかけ

それから、いつもお出かけするときは、自分でおもちゃを選んで、
お気に入りのバックに入れて行くのですが、
この日に選んだおもちゃは・・・おもちゃではなく、糸。

バックに糸が3つくらい入ってます。左手に持った水色の糸が嬉しそう。

さすが私の子だな、って嬉しくもあるのですが、
今日は糸が足にからみついて、クモの巣にかかった虫みたいに動けなくなってたりして、
ちょっと危ないから、きちんと片付けもしなきゃと反省したのでした。
スポンサーサイト

絵本が選べる手作り絵本棚

すごいの出来ました!!

本たな

トシ君が自分で本を選べる念願の絵本棚♪
手作りだから、置きたい場所にぴったりサイズ。

どれにしようかな

「どれを読もうかな?」とトシ君選んでくれてます!!
感激。

これにきめた

読みたいの決まったみたい。

読んでほしいってば

「読んで、って言ってるでしょう!!!」と怒られてしまいました。
ブログ用の写真撮ってると、たいていこうやってトシ君に怒られます。


さて、今回の絵本棚を見てお分かりの通り、ついに私、DIYに手を出してしまいました。

    

こういう本棚が欲しくて、でも木製のだと高価だったり、
うちでは一番下の引き出しみたいところいらないな、とか思っていて、
そんな時に右側の布製のような本棚があることを知って、
これならお手頃価格だけど・・・なんか作れそうだな。

しかも、うちには家を建てた時に余った板をいくつかもらってあって、
ちょうど良さそうな板がある。

そして私には、トシ君の手押し一輪車を作った母がいる。

そう思ってから、頭の中は設計図。
ネットで作り方を調べてみる。
・・・載ってないね。こういう本棚の作り方。
でも、市販品の寸法図を参考にするという手があるので、調べてみる。

↓このページが役にたちました。
株式会社なかよしライブラリー
お値段のすぐ下の「図面」という部分をクリックすると設計図が出てきます。


それからこちらの商品説明でも、かなりこまかく寸法がかいてあったので、
とても参考になりました。
お値段も安いので、材木買って作るより安いかも。


上記2つのサイトをプリントアウトして、自分なりの設計図を作る。

でも結果からいうと、手元にあった材木に合わせて作るしかないし、
横の棒の位置は、テキトウで大丈夫でした。
もう一段多くても大丈夫だったかも、という感じです。

もし、作りたいという方がいらっしゃった時のために、
簡単な作り方を載せます。

板を階段状に切らなければならない部分が面倒だけど、
本を入れるから強度の問題とか考えて、こういう形になりました。
市販のものは、棒を両脇の板に取り付ける際、板に穴を開けて
そこに棒を通しているけれど、そんなこと難しいですからね。

〈絵本棚の作り方〉
本棚の作り方1
板を階段状にのこぎりで切り取ってから棒を当ててみて、棒がきっちりはまらなかったら、
ナイフできれいに整えると良いです。直角に整えれば、棒がきっちりはまります。

本棚作り方2

一応、右下の図の中に、私が作った本棚の寸法も入れておきましたが、
サイズは手に入った材木で変わってくると思います。両端の板は
幅が15センチくらいあれば大抵大丈夫そうなので、アレンジしてみてください。

布は、実際に1段づつ輪を作っては棒に通してみて次の段の位置を決め、
ということを繰り返して作りました。
棒の太さとかでも必要な長さが変わってくるので、ちょっと長めに布を用意して、
縫っていかれたら良いと思います。

本棚製作途中

ちょっと分かりにくいですが、布の長さを決める作業の写真です。
左側は釘を打ってありますが、右側は板に棒を乗せているだけです。
メジャーを布を張るのと同じ形に垂らし、縫いたい位置を洗濯バサミでとめて測りました。
実際に絵本を置いてみたりして測ります。
でも、メジャーで測ったよりも、布の厚みとかで縫う位置がずれてきたので、
(メジャーで測った位置では棒を通す時に、きつかった。)
あくまでも、全体に使う布はどのくらいかな、という目安にしてくださいね。
布によっては、絵本の重みで垂れるものもあるかもしれないし、
実際に布を設置してみて、直接しるしを付けるのが一番。

ちなみに、使用した棒が、実家の屋根に使われてた板だったので、ちょっと汚れてて、
見える両端だけペンキ塗ったりもしてます。

よんで

それにしても、設置してからの「これ読んで」が激しい。
今まで、本をいっぱい持っていても、あまり「読んで」って持ってきたりしなかったのに、
見えるようになったらこの変わりよう。うれしい!!
時々、本を入れ替えてあげよう。

そして、今回これを作るにあたっては、DIY初挑戦の私に、
知恵とアドバイスと道具を貸してくれた母に大感謝です。
「考案・設計・製作」私、「監修・助手」母。
製作時間は不明ですが、多分、邪魔されなければ3~4時間?
他の手芸ものよりも、構想から完成までがはるかに速くてびっくりです。

そしてこの達成感。役立ってるし、大大大満足!

緊急車両のアップリケズボン

もうちょっとかわいいネーミングにしたらよかったかな。
今回作成したのは、トシ君の大好きな消防車や救急車のアップリケズボンです。

緊急車両ズボン

以前、車のアップリケズボンを作りましたが、それとは違うズボンに
また穴があいてしまったので、アップリケズボン2着目を作成しました。

どうやら、いっぱい履いているから穴があくんじゃなくて、
いっぱい歩いて、いっぱい転ぶようになったから、転んだ時に膝が当たって
それで穴が空いているもよう。

今回も車の柄の布を切ってステッチして縫いつけた即席アップリケ。
今回使用した布はこちら↓
緊急車両の布

緊急車両だけじゃなくて、ダンプカーやブルドーザー、タクシーなんかも
描いてあるけど、どうせなら今トシ君がはまってる緊急車両で統一しようと
パトカー、消防車、はしご車、救急車でまとめてみました。

緊急車両2
一番上のはタクシーっぽいけど、パトカーです。
というか、多分POLICE CARです。外国のパトカーな感じ。

ズボン写真とれない

履いてるとこ写真撮りたいのに、ものすごく活発で撮れない。

ズボン写真ポーズ

おっと、あんな遠いところでポーズとってくれてます。
なんだかかっこいい。ビジネスマンが携帯で指示出してるみたい。

緊急車両に統一したけれど、もうこういうズボンはトシ君には珍しくないみたいで
初めて見たときに「ポー」って、サイレンの真似してくれたけど、
その後は特に気にせずって感じ。
ご機嫌の悪い時のお着替えでも効果を発揮せず。

でも児童館の先生には褒められました(私が)。



手作り手押し一輪車の原点

私の母は洋裁が大好きで、昔から、今もずっと、
しょっちゅう縫いものをしています。
脚立に乗って庭木の剪定もするし、屋根掃除も、煙突掃除も
薪割りもするし・・・どんな家に住んでるんだ・・・。
トシ君の手押しネコ車も作ってくれるし、とにかく何でもやっちゃうし
何でも作ってくれる人なんですが、そんな母が時々してくれるお話。

私が2歳くらいの時、えんがわで縫いものをする母の隣で、
私ってば、針と糸を持って、ぞうきんを縫っていたそうです。
2歳ですよ。

もちろん、記憶はありません。

えんがわでやっていたものだから、ちょうど訪ねてきた近所の教育熱心なおばさんが
「あんれまー、この子はもうお針(針仕事)やってるよ」と
たいそう感心していったそうです。

その頃の針と糸を持った私の写真って無いかな?とアルバムを探していたら、
なんと、私が小さい頃使っていたという子供用の手押し一輪車ネコの写真が!!!

ネコ車

すっごく小さくて分かりにくいですが、私は確実に
一輪車に砂を乗せて遊んでいます。すごい!!

しかも、「昔ってネットも無いし、こんなのどこで買ったの?」と
母に聞いたら、帰ってきた答えが、「多分ホームセンターだと思う」との
ことでした。田舎のホームセンター恐るべし。

残念ながら、私が幼くして針を持つ写真は出てこなかったですが、
昔の写真って、おもしろいですね。

トシ君?

こちら私の幼少時代。
隣にいるのは一番下の弟。
トシ君とクリソツ。

私には弟が2人いて、それぞれ時期によってはトシ君と似ていたのですが、
何しろ昔って、記念日や旅行の時しか写真を撮らない。
大人と一緒に写っている写真だと、母や父は今と顔が変わらないから、
ちょっとブログに載せるのはな・・と、子供だけの写真を探すと
結構見つからなくて、上の弟よ、似ているのに載せてあげられなくて、ごめん。

そんな昔のアルバムをトシ君と見ていると、
弟を指差して「ト、ト」と言っておもしろいです。
(最近、自分のことを「ト」と言います。)
あとは、「じじ」「ばば」「ひー」と私の父母、祖母(ひーばーちゃん)のことは
分かるらしい。
でも小さい頃の私には気付かず。

さて、話題の手押し一輪車ですが、只今2台目を製作中とのこと。
1台は実家に。1台は我が家に。
と、リクエストしちゃいました。

だって、実家に帰ると、水を入れてみたり、
ネコ4

ひーばーちゃんと草を捨てに行ったり、
ネコ2

で、戻って来たり、
ばあちゃんと草を捨てに

犬と散歩したり、
ネコで犬の散歩

すっごく楽しそうなんだもん。

子供用手押し一輪車

皆さんは、「手押し一輪車」って、お分かりですか?
私の住む地域では「ネコ」っていうのですが、全国的に通じるのでしょうか?

こんな乗り物です。

ネコ

はっ、思わず乗り物って紹介してしまった。
乗り物ではなく、台車ですね。



試しにアマゾンで「ネコ 一輪車」と検索してみたら、↑こちらをはじめ
多数ヒットしましたので、「ネコ」という呼び方はアリみたいです。

実家が農家な私、トシ君を連れて帰ると、時々両親がネコを使っているわけです。
そして、トシ君を乗せてみるわけです。
トシ君、乗るだけでは満足せず、押したくなる。

ということで、先日、母がこんなものを作ってくれました。

手押しネコ

かわいい!!

トシ君専用ネコ一輪車です。

母はいろいろ考えたらしく・・・
私が小さな時に遊んでいた子供用のネコ一輪車が納屋から出てきて、
それを見てサイズとか研究したそうです。
納屋から出てきたものは、プラスチックがボロボロになっていて、
触っただけで壊れてきちゃう。
それはそれは、そおーっと測って、苦労して設計したようです。

木製になるので、軽量化がポイントだったらしく、
車輪の部分の素材でも重量が変わってくるとかで、
設計図を持って、ホームセンターのお兄さんをとっ捕まえて
あれこれ一緒に選んでもらったとか。

ネコ製作者
↑作った人が奥にちらり。

母(トシ君的にはおばあちゃん)が引っこ抜いた雑草を入れてもらって
ごきげんなトシ君です。

ひっぱりネコ

時々、押さないで引っ張ったり。

ノリコナシネコ

もう一回、草を入れてもらいに行ってますね。


私としては、昔、子供用のネコ一輪車で遊んでいたなんて覚えてないし、
そんなものが売っていたことにびっくりだし、
しかも我が家で買ったことにもびっくりだし。

でも調べてみると、子供用のネコ一輪車、結構売ってるみたいです。

  

うちにあった昔のは、左のやつにそっくりです。
右側のは、3才用って書いてあるけど、
金額が立派すぎてなかなか手が出ないんじゃ・・・。

ちなみに、近くのベビーザラスで見てみたら、
お砂場用品売り場で、バケツやスコップとセットになったものが
1000円くらいからありました。

そしてトシ君は、木製のやつに慣れているから
乗りこなし(押しこなし?)が抜群で、店内押しまくり。
ベビーザラス

ちょっとプラスチックでは軽くて物足りなげ。
やっぱり手作りが一番。
ありがとう、お母さん!!

プロフィール

のりのりクラブ

Author:のりのりクラブ
息子達のお昼寝中にせっせとお洋服やオムツカバーを縫ったり、最近はDIYなどにも手を出し、創作を重ねる日々。手芸は趣味なので、完全独学。せっかくなので、作った作品には主人の名前から取ったブランド名『のりのりクラブ』のタグを縫い付けています。
ブログの更新はお昼寝中なので、時々ながめていただけると幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。