FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車の模様の手提げバック

手芸屋さんをウロウロしていたら、トシ君が車の模様のハギレを見つけて、
かなり気に入ったみたいで、しっかり両手で握りしめて、
生地裁断用のカウンターに、ハギレをトンと乗せて、きおつけしているトシ君。
レジに持って行ったつもりらしい。

100センチ×20センチというかなり微妙なサイズだったけれど、
その姿に感動して購入してあげました。

そして作ったのがこれ。

車バック


ちょうどトシ君のいとこ達がお泊りに来たので皆で公園に遊びに行きました。

車のバックがうれしい

お気に入りの生地だけあって、とてもうれしそう。
もったまますべり台も滑ります。

まつぼっくり

いつの間にか、まつぼっくり入れに。

まつぼっくり会議

そして、まつぼっくり会議。盛り上がってます。


もちろん、中にも車の生地を使ってあげましたよ。

車バック中身
スポンサーサイト

リアルタイヤの肩掛けバック

明けましておめでとうございます。

今年第一弾は、構想3ヶ月の大作、車大好き、タイヤ大好きなトシ君のために
リアルタイヤの肩掛けバックです。

タイヤバック赤着用

何がリアルで大作かって・・・

タイヤバックタイヤアップ

タイヤが本物です。
くるくる回せます。

しかもリバーシブル。
黄色の車の反対側は赤いオープンカー。

タイヤバック中

もちろん中まで車、車、車・・・・
中の布は、クリスマスプレゼントにおばあちゃんからもらった布。

車大好きなトシ君が、ミニカーを入れてお出かけするのにぴったり。

今回は、初めて見せた時、ちゃんとタイヤに反応してくれて、
「ぶー」って言ってくれて、一安心。



作り方は簡単だけど、アイディア捻出に時間がかかって、構想3ヶ月。
ここからは興味ある方の為に、作り方をご説明。

まず私がぶち当たった壁。
タイヤをどう付けるか。

たまたま手芸用品店で見つけたこちらの本を立ち読み。


しかし、この本。参考にしようと思っての立ち読みだったのだけれど、
フェルトで作る車・トラック・工事車両の他に
ハンドルセットまであって、感動のあまり、結局購入。

これはこれで、是非いつか作りたいのですが、
私の作りたい『リアルなタイヤの付いたバック』とは
ちょっと違って、フェルトのタイヤを付ける感じ。
参考にだけさせてもらいました。


リアルなタイヤを探してホームセンターをぐるぐる。
キャスター売り場をぐるぐる。
おもちゃ屋さんや模型屋さんをのぞいたりして・・・

たどり着いたのがこれ。
トラックタイヤセット(36mm径)4本セット(ホイールつき)という商品


タミヤで出しているタイヤとホイールとシャフト(タイヤとタイヤをつなぐ棒)のセット。

ジョイフル本田の模型コーナーを物色している時に、
品出ししていたお兄さんを捕まえて、よーく質問して、
いっぱい教えてもらってやっと手に入れたタイヤ。

お兄さんに「またお越しください」と言われ、
感謝の気持ちがあふれてしまったのか
「はい!!」と元気よく返事してしまった私。
ちょっと恥ずかしかったです。


で、次の壁。どうやってタイヤを付けるか。

バックの底の部分にタイヤシャフトを取り付けるか。
もしくは布に穴を空けるか。

ハトメ

たどり付いたのがこれ。
布に穴をあけて、ほつれないようにする道具。
「ハトメ」

  

左側のハトメセットなら、穴をあける道具と
ハトメをとめる道具がセットになっているので、
トンカチを使えばそれだけで付けられるのですが、
私は真ん中のマルチプライヤーを持っていたので、
プライヤーを使って取り付けました。
思ってたより簡単。
一番右のハトメ専用のパンチなら、ハトメとセットで結構安価ですね。

ハトメを両面に使用して、穴を4つ空けて、そこにタイヤシャフトを通す。

タイヤはこれで、解決。


次の壁、車の画像探し。

実は私、どんなに頑張っても、車だけは上手に描けない。
本物を見ても、絵を見ても、なぜか車だけは描けない。
なので、ネットでちょうど良い画像を探す探す探す・・・。

でも、車の絵って、みんなナナメ前からのものばかり。

リアルタイヤのことを考えると、ナナメ前じゃちょっとまずい。

しかもフェルトのアップリケで車を描くので、あまり複雑だといけない。

で、たどり着いたのが、ぬりえ。
今回利用させていただいたのは「ぬりえやさん」というサイト。
真横からの車の絵で、かわいくて、良い感じに単純。
サイズは、ダウンロードしたそのまま使わせてもらいました。

でも、車の運転をしているのをトシ君にしてあげたくて、
運転手だけ私のデザインとすり替え。

タイヤバック黄着用

似てますかね?




こうしてやっと出来上がった「リアルタイヤの肩掛けバック」

出来上がってみれば、簡単な作業なのですが、
アイディアを出すって大変。

それにしても今回、ジョイフル本田のお兄さんに感謝。
使用目的を説明したら、
「安いものですけど、将来タイヤを取り外して
ラジコン作ったりするのに使えますね♪」とまで言ってくれました。

ありがとう、お兄さん。

プロフィール

のりのりクラブ

Author:のりのりクラブ
息子達のお昼寝中にせっせとお洋服やオムツカバーを縫ったり、最近はDIYなどにも手を出し、創作を重ねる日々。手芸は趣味なので、完全独学。せっかくなので、作った作品には主人の名前から取ったブランド名『のりのりクラブ』のタグを縫い付けています。
ブログの更新はお昼寝中なので、時々ながめていただけると幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。